faxをインターネットで使う方法

インターネットFAXのメリット・デメリット(問題点)

インターネットFAXのメリット・デメリットは?

インターネットFAXはメリット(強み)がとても多いですが、デメリットも気になる思います。もちろんインターネットFAXにも多少のデメリットはあります。このメリット、デメリットそれぞれを紹介します。

 

メリット一覧

経費が安い(経費削減にうってつけ)
セキュリティ性が高い
確認をすばやくできる

 

1.「経費が安い」ですが固定電話回線を使用しない分、月額約1700円のNTTの基本料金が発生せず、月1000円前後の基本料金で運用可能です。NTTの基本料金は家庭用の料金なので会社用(法人向け事務用)の回線※を使うことを考えたらより安く使える計算になります。
※事務用電話回線(3級局):2500円/月(税抜き)

 

 

また紙・インクリボン(トナーカートリッジ)代がかかりません。FAX機を別におくことによって発生する電気代もありません。
参考記事:インターネットFAXならインク・紙代のランニングコストが不要
※当然ですが紙出しする場合はインク、紙、プリンターが必要です。

 

 

2.「セキュリティー性が高い」ですが、個人のアカウントあてにFAXが来るので、第三者に見られることがありません。他人に見られたくない秘匿のFAX内容も自分だけしか確認することができません。例えば社員に金銭の部分を見せたくはない、なんていうという時には個人宛に送られてくるのは大きなメリットになります。

 

 

またコンビニエンスストアなどでFAXする場合、不特定の第三者に機密情報を見られてしまうということもあります。こういった事態も防ぐことができます。

 

 

3.「確認をすばやくできる」ですが、パソコンだけでなく、携帯電話・スマートフォン(スマホ)などのデバイスからでも確認することができます。出先でも受信したらお知らせメールなどが来るので、すぐ確認でき迅速な対応が可能です。注文(受注)が入ったときなどは早めの対応ができた方が顧客(クライアント)からの心象も良くなるのでサービス向上にもつながります。

 

 

またサービスによってはすぐに返信することも可能です。紙とペンを用意して返信FAXを作ってからFAXが使えるコンビニを探したり、社内の同僚や先輩などに返信作業をお願いしたりという手間もありません。

 

デメリット一覧

場合によってスキャナーが必要

 

PDFやエクセル、ワードで作ったファイル意外はFAXを送信する際、スキャナーを使って都度スキャンする必要があります。
※もちろんパソコン上にデータで持っているものはスキャン不要です。

 

 

これは当たり前と言えば当たり前です。据え置き型のFAXの場合はスキャン機能がFAX機に内臓されているので、さほど気になりませんが、インターネットFAXの場合は外付けする必要があります。あまりスキャナーを使っていない人にとってはFAXを使うときに出してこないといけないのでデメリットと言えばデメリットになります。頻繁に使う場合は据え置きでスペースを設置しておくのが楽で良いですが、頻度があまり高くない場合は面倒です。

 

 

また複合型のプリンターやスキャナー専用機を持っている方は別途用意する必要はありませんが、もし持っていない人であれば用意する必要があります。ただ現在数千円ほどで複合型のプリンターやスキャナーは買えます。昔に比べてすごく安くなりましたが、FAXのためだけに買うのはデメリットというとデメリットになります。

 

■デメリットまとめ

  • 髪媒体をFAXする時はスキャナーを使う必要がある
  • スキャナーを持っていない人は別途購入する必要がある
トップページに戻る


FAX機、電話回線のいらないインターネットFAX


efax
efax画像 ・月額1250円〜で使用可能!
・初期費用無料!
・30日間無料体験実施中!
・送信・受信各150枚/月無料!
・各市外局番の電話番号が取得可能!

インターネットFAX比較


インターネットFAX比較